So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

自民、内閣不信任案提出(産経新聞)

 自民党は16日午前、菅政権や民主党の国会運営が不誠実だとして、菅内閣の不信任決議案を提出した。同日午後の本会議で、与党の反対多数で否決される見通し。

 また自民、公明、共産、社民、みんな、たちあがれ日本、新党改革の野党7党の国対委員長らは同日午前、衆参両院の議長に対し、両院で予算委員会開会の日程を確保するため、16日までの国会会期を9日間延長するよう申し入れた。与党は延長しない方針を決めており、国会は16日で閉会する見通し。

【関連記事】
民主政権初の通常国会は戦後最低の成績
内閣不信任、問責を検討 自民・大島幹事長
揺れる自民 谷垣氏、意気込みと目標に乖離
「逃げる」民主 「追えぬ」野党 首相54議席以上を視野  
菅首相代表質問 予算委見送りを撤回せよ
日本のインフラ技術が海外へ飛び出し始めた

磁気定期券悪用のキセル乗車、京急も1人(読売新聞)
福島で震度5弱(時事通信)
<小沢前幹事長>「よみがえりの道」熊野古道を散策(毎日新聞)
亀井金融相が辞意=郵政見送りに反発、連立は維持―参院選、7月11日投票(時事通信)
強姦未遂容疑で教諭を逮捕=出会い系サイトで知り合う―佐賀県警(時事通信)

辻元副国交相 辞表提出「辞めるのは寂しい」と号泣(毎日新聞)

 所属する社民党が連立政権を離脱するのに伴い、前原誠司国土交通相に正式に辞表を提出した辻元清美副国交相は31日の登庁時、記者団に「国交省は利権の巣窟(そうくつ)というイメージがあったが、そうではなかった。不安いっぱいだったが、多くの職員が変えていこうという思いに賛同してくれた。辞めるのは寂しいしつらい」と号泣し悔しさをあらわにした。

【関連記事】社民党:連立政権離脱を決定 全国幹事長会議

 辞表を受け取った前原国交相は「JAL(日本航空)問題で他省庁を説得し再建を進められたのは辻元さんの力が大きい」と切り出した。これに対して、辻元氏は「(今後は)野党で質問に立って、追及していく立場でご協力申し上げたい」と応じ、笑顔を見せた。

 辻元氏は着任直後から、日本航空の再建問題にかかわった。同社が会社更生法の適用を申請した1月19日前後は、日航機の運航が止まらないか寝ずに見守ったという。【寺田剛】

【関連ニュース
鳩山首相VS記者団:「社民党の連立離脱は大変残念」5月31日午前8時28分
社民党:内閣不信任案、福島党首「反対はなかなか難しい」
社民党:連立離脱へ 地方、国会議員大半「容認」
社民党:政権を離脱 国会審議「是々非々」/内閣支持20%−−毎日新聞世論調査

<参院選>7月25日が有力に 国会会期延長で(毎日新聞)
首相、退陣拒否 きょう再会談(産経新聞)
中学で窓ガラス割られ花壇も荒らされる 兵庫・姫路(産経新聞)
朝鮮学校、個人崇拝を強化 総連、金総書記の訪中映像上映指示(産経新聞)
「嵐」の二宮さんが人身事故 東京・目黒の交差点(産経新聞)

東京都監察医務院、解剖遺体に器具置き忘れ 火葬で発見、謝罪(産経新聞)

 東京都は21日、都監察医務院で解剖した遺体に、手術の際に止血などに使用する鉗(かん)子(し)を置き忘れる事故があったと発表した。遺体を火葬した際、遺骨とともに鉗子が出てきて発覚したという。同院は当初、他の日に解剖した同姓の別人遺体と間違え、遺族からの問い合わせに対し、事故があったことを否定していた。

 都によると、同院の女性監察医と監察医補佐2人が12日、都内の自宅浴槽で前日に死亡した50代の男性を行政解剖した際、腸の内容物が漏れ出るのを防ぐため、通常の解剖では使用しない精密検査用のステンレス製鉗子(長さ約15センチ)を使用、そのまま体内に置き忘れたという。

 16日になって葬祭業者から同院に「解剖した遺体を火葬したが、遺骨と一緒にハサミが出てきた」と連絡があったが、同院は別の日に解剖した同姓の80歳代の男性の遺体と誤認。

 遺族や葬祭業者から「解剖時の鉗子ではないか」と繰り返し問い合わせを受けたにもかかわらず、「当院のものではない」などと関連を否定していた。翌17日になって誤りに気づき、遺族に謝罪したという。

【関連記事】
体内に25年間ガーゼ放置 今年1月に摘出 長崎市市民病院で
筋弛緩剤を紛失 大阪市立総合医療センター
健康な腎臓 誤って摘出 小山市民病院 手術時、ミス重なる
血管に空気混入し患者死亡 静岡医療センター
「厳しい医療現場に身を置く医師いるはず」 ゆうばり映画祭「孤高のメス」成島出監督
中国が優等生路線に?

福岡県議会に女性議長 史上初の田中秀子氏(産経新聞)
ヤギふれあい、マラソン中止…口蹄疫影響全国に(読売新聞)
日米合意に「辺野古」明記=普天間移設、28日正式発表(時事通信)
福田元首相「輿石氏こけたら、小沢さんは、やりようなくなる」 (産経新聞)
【新・関西笑談】サッカーに乾杯(2)元日本代表FW 西澤明訓さん(産経新聞)

<鍛冶屋>伝統守る現役3代 愛知・豊田の山間部で活躍(毎日新聞)

 愛知県豊田市の山間部、足助町地区で祖父と父、子の3代が現役の鍛冶屋として活躍している。戦後間もない時期、地区には20軒を超える鍛冶屋があったというが、今では1軒のみ。機械で大量生産された安価な製品が出回る中、昔ながらの手打ちの技法を守り続けている。【中島幸男】

 店は広瀬重光刃物店。江戸時代末期から約190年間続く。3人は五代目の広瀬雄一さん(79)▽六代・明史さん(58)▽七代・友門(ゆうと)さん(26)。かつては刀匠だったが、時代の流れで山林道具や刃物の製作、農具の修理など幅広く手掛ける。

 3年前から作業場に立つ明史さんの次男、友門さん。大学卒業後、東京アルバイト生活をしていたが、「足助が好きだし、自分が継がないといけない」と帰郷した。最初は戸惑うことばかり。火をつくるにも、一定の温度にしないと製品にむらができる。かつて祖父、父の働く姿を見て「くさいし、うるさいし、かっこ悪い」と思っていたが、農具の修理のため県外から訪れる客もいて「なくてはならない仕事」と実感した。

 明史さんは異色の経歴の持ち主。大学卒業後、同県岡崎市のレコード・楽器販売会社に一時勤め、36歳の時に後を継いだ。大学時代に親しんだフォークの演奏活動も続け、CDを3枚リリース。「父も私も自分の代で鍛冶屋はおしまいと思っていた」といい、友門さんの仕事ぶりに「覚えが早い」と目を細める。

 雄一さんは1年前、川でアユの友釣り中に足を滑らせて腰を強打し、1カ月余り入院した。今年3月に現場復帰し、週2回は作業場に向かう。孫の後継ぎを「うれしい」と喜ぶ半面、「客がこれからもいてくれるかどうか」と不安も漏らす。

 友門さんは今年1月に中学の同級生と結婚した。過疎の進む足助で、高校の同級生約30人のうち地元に残っているのは友門さんともう一人だけ。「町にある同じ自営業の人と一緒になって田舎を盛り上げていきたい」と古里の元気作りにも意欲を燃やす。

【関連ニュース
プレゼント:アユ釣りの本、5人に
の・ボール:暖かくなり夜釣りに出かけることが… /愛媛
潮岬オフショアトーナメント:ルアー釣りで重量競う−−来月6日、串本で /和歌山
ガリ漁:アユ解禁、待ち遠しい 「新人漁師」安井さん、木舟の修理に汗流す /愛知
アユ:富津の児童31人、湊川で5万匹の稚魚放流 /千葉

代替フロン 中国から大量排出 研究チーム分析(毎日新聞)
「あかつき」あす打ち上げ 宇宙ヨット「イカロス」も金星へ(産経新聞)
<羽生市長選>河田氏が無投票再選(毎日新聞)
<みんなの党>民主からくら替え出馬 参院選宮城(毎日新聞)
<陸山会事件>小沢氏、3度目聴取 「起訴相当」で再捜査(毎日新聞)

「母の日のプレゼント代に」遊戯王カード盗む(読売新聞)

 人気漫画でアニメーションにもなった「遊戯王」のキャラクターが印刷されたカード965枚を盗んだとして、神奈川県警川崎署は川崎市川崎区、公立高1年の男子生徒(15)を窃盗容疑で逮捕した。

 被害品には、1枚約1200円で取引される希少カードもあり、調べに対し、「友人に売って、母の日のプレゼントを買うつもりだった」などと供述しているという。

 同署幹部によると、生徒は7日午後1時45分頃、同区貝塚のコンビニ店で、店員の目を盗み、売られていた「遊戯王」のトレーディングカード193袋計965枚(販売価格約2万8950円)を陳列用の紙箱(縦15センチ、横30センチ、高さ20センチ)ごと盗んだ疑い。

 カードは1袋5枚入りで、生徒は友人宅で袋を開封。希少カード13枚を抜き取り、残りを友人宅に置いていたという。

 両親に犯行を打ち明けて、9日夜に付き添われて、出頭したという。

「私は忙しいから」と民主・山岡国対委員長 週刊新潮訴訟放棄(産経新聞)
法案山積でくすぶる会期延長論=自民、政治とカネで攻勢へ−終盤国会(時事通信)
<普天間移設>首相、一部受け入れ要請 徳之島3町長拒否(毎日新聞)
廃棄物処分場で贈収賄容疑=町議と業者ら逮捕−徳島県警(時事通信)
<ゴッホ>ポロシャツで自画像 東京・丸ビル(毎日新聞)

<もんじゅ>ナトリウム漏えい検出器が故障 再開ずれ込みも(毎日新聞)

 日本原子力研究開発機構(原子力機構)は27日、高速増殖炉「もんじゅ」(福井県敦賀市、運転停止中)で、原子炉補助建物地下1階にある2次系ナトリウム漏えい検出器が故障し、部品を交換したと発表した。ナトリウム漏れや環境への影響はないが、故障原因によっては5月上旬の運転再開がずれ込む可能性もある。

 原子力機構によると、検出器は配管の周りの空気を採取して漏えいを調べるもので、27日午前0時ごろ、空気を送るファンのモーターが過熱して停止し、故障を示す警報が出た。

 原子力機構は、ナトリウム漏えいが一時的に監視できず安全を保てなくなったとし、保安規定で定める運転上の制限を逸脱したことを国に報告。ファンとモーターを新品に交換した。故障した部品は09年5月に交換していた。

 原子力機構敦賀本部の森将臣広報課長は「運転再開の行程に影響はないと考えている」、経済産業省原子力安全・保安院の原山正明・新型炉規制室長は「立ち入り検査で原因と対策を確認できなければ、運転は再開できない」としている。福井県の西川一誠知事は、原子力担当の幹部を集めて対応を検討している。

 ナトリウム漏えい検出器を巡っては、施工ミスなど不具合が相次ぎ、保安院が08年に全数点検を指示し、運転再開が延期された。反原発団体「若狭連帯行動ネットワーク」の松下照幸さん(61)=福井県美浜町=は「検出器のトラブルが収まらないのは、原子力機構の組織としての取り組み方に問題があり、改善されていない証拠だ」と話している。【酒造唯】

【関連ニュース
もんじゅ:地元の要望、国が受け入れることで合意 再開へ
もんじゅ:“関門”を乗り越えて安堵 地域振興策合意
もんじゅ:5月上旬にも稼働 福井県知事、運転再開了承へ
もんじゅ:運転再開に反対声明 原子力工学専門家ら33人
もんじゅ:専門家ら、再開反対の緊急声明

橋下知事「大阪市長を政治的に徹底的に攻撃する」(産経新聞)
<山崎宇宙飛行士>地球帰還、20日に延期…気象条件悪く(毎日新聞)
<自民党>与謝野氏らの処分、結論持ち越し 党紀委(毎日新聞)
<みどりの式典>天皇、皇后両陛下が出席(毎日新聞)
<火災>民家全焼2遺体発見 山形・飯豊(毎日新聞)

愛知3遺体遺棄 逮捕の3容疑者「被害者宅で殺害」と供述(毎日新聞)

 長野市の建設業、金文夫さん(62)ら家族3人が愛知県西尾市内で遺体で見つかった事件で、長野県警は16日、3人の死因が首を絞められた窒息死と発表した。捜査関係者によると、死体遺棄容疑で逮捕された会社員、伊藤和史(31)ら4容疑者のうち3人も、被害者3人を長野市内の金さんの自宅で殺害し、車で西尾市内の資源置き場に運んで遺棄したと供述。県警は同日、殺人・死体遺棄事件として長野中央署に捜査本部を設置した。

 県警によると、司法解剖の結果、被害者3人は死後2〜3週間が経過していることが分かった。3月下旬に捜索願が出される直前に、ひも状の物で殺害されたとみられる。4容疑者のうち、否認していた1人も死体遺棄容疑を認め、引き続き殺害への関与や動機を追及する。金さんら3人が埋められていた西尾市南奥田町の資源置き場は、同市熊味町下池田、自営業、斎田秀樹容疑者(51)が仕事で借りていたという。

 県警は16日、資源置き場で現場検証を実施。捜査員約15人が午後0時50分ごろから、雨が降る中、青いシートで囲まれた遺体発見場所で遺留品などがないか調べた。【大島英吾、小田中大、佐野裕】

【関連ニュース
愛知・遺体遺棄:容疑者の一部、殺害認める 3人身元確認
貸倉庫殺人:愛知で3遺体発見 遺棄容疑で4人逮捕
貸倉庫殺人:長野の不明3人を捜索 愛知で遺棄情報
殺人・死体遺棄:貸倉庫遺体の身元を確認 長野県警
遺体発見:車の中に身元不明の男性 死体遺棄で捜査 長野

<愛知5人殺傷>容疑者、父の給料を管理(毎日新聞)
自治法改正案の誤りが判明し、参院総務委が散会(産経新聞)
春の味覚に舌鼓、タケノコ掘り挑戦 世田谷区(産経新聞)
参院で議員控室交換の引っ越し始まる(産経新聞)
新聞記事や割引券…実用的学力重視 学力テスト(産経新聞)

不明3人か、遺体発見=愛知の資材置き場−放置車遺体と関連捜査・長野県警(時事通信)

 長野市内の男性と息子夫婦の3人が3月下旬から行方不明になり、長野県警は14日、関係者の供述に基づいて捜索していた愛知県西尾市内で3遺体を発見した。県警は身元確認を急ぐとともに、死体遺棄容疑で捜査している。
 捜査関係者によると、男性の親族が3月下旬、長野南署に家出人捜索願を出していた。
 男性が借りている長野市内の倉庫に放置された乗用車からは、沖縄県出身の男性が遺体で見つかっており、長野県警は関連を調べている。 

【関連ニュース
男3人を傷害致死で再逮捕=工事現場遺体遺棄
遺体は32歳韓国人女性=スーツケース事件
鉄工会社従業員、死体遺棄で逮捕=社長殺害もほのめかす
「自分があやめた」と供述=30代の韓国人、身元特定急ぐ
スーツケース遺体遺棄で男逮捕=60歳、殺害もほのめかす

ホームセンター駐車場で4歳、車にひかれ死亡(読売新聞)
奥西死刑囚の即時釈放を…支援者ら高検に要請(読売新聞)
鳩山首相、核サミット参加へ米国に出発(産経新聞)
<総務省>山田、中田氏が顧問辞任(毎日新聞)
「1Q84」BOOK3、10万部を増刷(読売新聞)

<陸上>高校駅伝優勝のケニア留学生、退学処分で帰国へ(毎日新聞)

 2008年全国高校駅伝女子で優勝した時の私立豊川高(愛知県豊川市)のメンバーで、その後同校を退学処分になったワイセラ・ワイリムさん(18)が8日、ケニアへ帰国する。ワイリムさんは09年9月に在留期限が切れ、今年2月に名古屋入管に出頭して在留特別許可を申請し、そのまま収容されていた。「将来は日本の実業団で走りたい」との夢は果たせなかった。

 ワイリムさんは2年生だった09年1月に帰省。支援者によると、実家が強盗に遭ってパスポートなどを奪われ来日が4月20日に延びた。この間に豊川高はワイリムさんの留年を決め、併せて出席日数不足を理由に退学処分とした。

 その後、ワイリムさんは支援者の元で暮らした。退学処分の取り消しを求める裁判も考えたが、弁護士費用が工面できず断念した。

 ケニア大使館員が今月2日に豊川高を訪れ、退学処分に抗議して復学を求めたが、学校側は応じなかったという。大使館側は「彼女の人生がめちゃくちゃにされた」と憤る。【黒尾透】

【関連ニュース
ケニア人元留学生:在留特別許可求め入管出頭 元駅伝選手
雑記帳:駅伝全国制覇の世羅高陸上部が切手に 広島
あちこち・あいち:クロカン活躍誓う−−豊川 /愛知
選抜女子駅伝北九州大会:天満屋と興譲館、優勝記念に博多人形 /岡山
ふるさと功労賞:庄原市、駅伝優勝の世羅高生ら表彰 文化1人とスポーツ5人 /広島

<普天間移設>岡田外相、現行案を除外…米国防長官への説明(毎日新聞)
参院選 「小沢ガールズ」再び 新人27人中、女性13人(毎日新聞)
孫名乗り「金必要」、振り込め1950万円被害(読売新聞)
概要公表「公益性かんがみた」=銃撃事件時効で警察庁長官(時事通信)
【キブンの時代】第2部 危険はどこに(3)マスクに殺到、豚肉料理中止…(産経新聞)
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。